1. Home
  2. トピックス
  3. 田上舞子監修の自宅でできる本気トレーニング

田上舞子監修の自宅でできる本気トレーニング

昨年8月に開催された「第54回東京ボディビル選手権大会」のビキニフィットネス35歳以下級で優勝、VITUP!にも登場したパーソナルトレーナーの田上舞子さんが監修する『MAIトレ』が、フィットネスクラブの東急スポーツオアシスが運営するアプリ「WEBGYM」に登場します。

今回のコンテンツは、「体を引き締めて、カッコよくなりたい」と思う人に向けて開発されたもの。広背筋や大腿四頭筋などの大筋群をはじめ、男女問わずニーズが高い腹部や殿部も集中的にトレーニングすることができます。

上半身・下半身・腹部と、それぞれ5分前後のコンテンツで構成され、約15分で全身をトレーニングすることができるトータルボディメイクプログラムです。

【WEBGYMについて】

■コンテンツ開発の経緯
田上さんは自身が生活にフィットネスを取り入れることによって体の変化を感じ、生活全体が豊かになった経験をもとに、「少しでも多くの人が生活にフィットネスを取り入れて、生活を豊にして欲しい」という思いを持って活動をしています。その思いとWEBGYMのコンセプトが重なり、今回のコラボコンテンツの開発に至りました。

■コンテンツの内容について
1メニュー5分程度で、30秒ごとに休憩を挟むサーキット・トレーニング方式となっています。強度は高めに設定しており、トレーニング中上級者でも十分に達成感を得ることができます。メニューの内容は、男女問わず自宅のリビングやヨガマット1枚ほどのスペースで行なえる高強度のボディメイクトレーニング。ダンベルなどの器具は使わず、自体重で行なうことができるプッシュアップやクランチを初級・中級・上級と難易度ごとに動きを変化させながら、田上さんの指導に合わせて動くことによって、自宅にいながらでも質の高いトレーニングを実施することができます。
自身の体力レベルと引き締めたい部位からメニューを選択することができ、全身を続けて行なっても15分で完了するので、忙しくジムに通えない人や、仕事や家事の合間をトレーニング時間にしたいと考える人に適したコンテンツです。

■田上舞子 プロフィール

大学卒業後にOLとして働いていた際に、シェイプアップ目的でパーソナルトレーニングジムに通い始め、その後もセルフトレーニングを継続し、国際資格であるNSCA認定トレーナーの資格を取得。現在はパーソナルトレーナーとして活躍しながら、YouTubeやSNS、オンラインサロンなどでも積極的に活動を行なっており、インスタグラムのフォロワーは17万人を超える。「第54回東京ボディビル選手権大会」のビキニフィットネス35歳以下で初優勝を飾り、テレビ番組にも活躍の場を広げています。

■WEBGYMアプリ概要
名称:WEBGYM(ウェブジム)
利用料金:無料*一部アプリ内課金有り(別途パケット通信料がかかります)
対応端末: iPhone(対応OS:iOS9.0以上)、iPad、Apple Watch、Apple TV、Android(Android要件4.4以上)
※なお、ARコンテンツはiOS12.0以上のみ利用可能です。
iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

東急スポーツオアシス