1. Home
  2. 格闘技
  3. 【渡辺華奈のデートするならジムがいい 第3回】プロテインは味が一番大事

【渡辺華奈のデートするならジムがいい 第3回】プロテインは味が一番大事

自分がプロテインやサプリメントを摂取するようになったのは、実業団で柔道をやっていたときです。当時の会社は福利厚生で、サプリメントに月々2万円まで使うことができたんです。今考えると、すごく恵まれた環境だなと思います。学生時代はプロテインやサプリメントにまったく興味がなかったのですが、せっかくお金を使えるならということで何がいいのか自分で調べたり、詳しい人に聞いたりして、飲むようになりました。

 

現在、愛飲しているプロテインはHaleoさんのブルードラゴンと、バルクスポーツさんのRTDです。自分はシェイカーを持ち歩かないので、持ち運びが便利なプロテインを愛飲しています。ブルードラゴンは味がストロベリー、バニラ、抹茶とあって、とにかく飲みやすくて美味しいです。ちなみに抹茶は飲めません。だからストロベリーとバニラを気分によって飲んでいます。ブルードラゴンはアンチドーピングの栄養分析結果証明書がついています。アスリートの立場としては、こういうところもポイントが高いですよね。

 

RTDはプロテインゼリーです。ゼリーなので満足感もあって、こっちも味が美味しい。タンパク質が20g入って、カロリーは120キロカロリー弱と低カロリーなのところも魅力です。自分の中でプロテイン選びは、継続して飲める味と持ち運びの便利さ、この2つが大事ですね。

 

プロテインを摂取するタイミングや、一日何回飲むというのは特に決めていません。一度に大量に摂るのは良くないので、一度あたり20~30gとして、2~3時間あけながら、こまめに摂取するようにしています。練習時間がだいたい2~3時間あるので、練習前後に飲むことが多いです。タイミングは気にしていないですけど、一日120gくらいは摂るようにしています。サラダチキンもよく食べますし、とにかくタンパク質が不足しないように気をつけています。

 

サプリメントはBCAAやビタミン、最近はEAAを飲んでいます。サプリメントのことは自分なりに基礎的なことは勉強して、あとは実際に取り入れてみて、自分に合うか合わないかを判断するようにしています。今はパフォーマンスアップよりも、疲労回復やリカバリー目的でサプリメントを摂取するようにしています。サプリメントもやっぱり味は大事ですね。

 

体は食べ物によってできるので食事はすごく大事。肉と野菜はたくさん食べています。よく「炭水化物を摂らないんですか?」と聞かれることがありますが、そんなことはありません。炭水化物はエネルギーなので、練習するためには不可欠な栄養素です。白米や麺類からではなく、雑穀や果物からなるべく摂るようにしています。

 

自分の場合、一日に2~3時間の練習を2回ないし3回しているため、がっつり食事をするのは夜だけです。朝と昼は必要な栄養を補給するイメージで、あとは移動中にも少しずつ補給しています。だから食事を座ってするのは夜だけかもしれません。

 

練習の前はエネルギーが不足しないように、羊かんやカステラをひと切れ食べて、軽く糖質を入れます。人によっては糖質を入れると眠くなってしまうこともあるそうですが、合うか合わないかを試してみて自分は眠くならないので、空腹よりも少しお腹に入れるくらいがいいかなと思っています。練習前の一口カステラは結構オススメですよ。

 

読者の皆様からの渡辺華奈選手への質問も募集中です。
質問はこちらから


渡辺華奈(わたなべ・かな)
1988年8月21日、東京都出身。7歳から柔道を始め、高校ではインターハイ2位、アジアジュニア優勝などの実績を残し、東海大進学後、1年時に全日本ジュニア優勝を飾る。卒業後、JR東日本へ入社し、オリンピックを目指して競技を続けた。2017年に同社を退社し、格闘家に転身。同年12月3日にデビューを勝利で飾ると29日にはRIZIN初参戦で実力者杉山しずかに勝利。MMAデビューから無敗の快進撃を続けている。所属はFIGHTER’S FLOW