1. Home
  2. 格闘技
  3. 【渡辺華奈のデートするならジムがいい 第8回】運動を始めるならやったことがないことがオススメ

【渡辺華奈のデートするならジムがいい 第8回】運動を始めるならやったことがないことがオススメ

今回は読者の方からいただいた質問に答えたいと思います。質問はこちら。

 

「運動不足で太ってしまいました。運動をしたい気持ちはあるのですが、何から始めたらいいでしょうか?」

 

これは本当によく聞かれます。先日、VITUP!でもお馴染みのバズーカ岡田先生とご一緒する機会があり、こういう質問には何と答えるかを聞いてみました。岡田先生の答えは「ゴールドジムを紹介して終わりです」というもの。素敵です。自分も気持ち的には同じですが、それではコラムのネタにならないので、自分なりの解答をしてみます。

 

まずはその人のタイプによって、何をやったらいいかは変わってくると思います。今までまったく運動をしたことがない人なのか、それとも学生のときはやっていたけど、しばらく運動から遠ざかっている人なのかで、だいぶ違います。

 

まったく運動をしたことがない人の場合は、散歩や軽いジョギングから始めるのがいいと思います。トレーニングというよりは、とにかく体を動かす習慣をつけるということです。運動経験はあって筋トレを始めたいというのなら、パーソナルジムに入るのが一番です。コスパ的には一般のジムのほうがいいかもしれませんが、何をやったらいいかわからないという人だと、結局続かないと思うので、パーソナルでしっかり教えてもらったほうがいいでしょう。

 

自分はまったく気にならないタイプですが、ジムに行くと周りの目が気になるという人も多いですよね。パーソナルジムなら人目を気にしなくてもいいので、女性にはとくにオススメです。「ゴールドジムはガチの人が多いから、もう少し鍛えてから行きます」という謎理論を言う人も、完全にパーソナル向きでしょう。

 

なんでもいいから体を動かしたい!という人に一番オススメしたいのは、格闘技ジムです。自分がやっているからというわけではなく、選手を目指すのでなければ楽しく体を動かすことができると思います。たとえばキックボクシングのクラスなら、蹴ったり、パンチしたりというのはストレス発散になりますし、有酸素運動にもなります。最近、やる人が増えていると言われる柔術は、ポイントを取るというゲーム性もあるので、すごく楽しいと思います。

格闘技は学校で習う機会があまりないので、やったことがないという人がほとんどです。やったことがないことをやるというのは、新たに運動を始めるときの大事なポイントかもしれません。過去に部活で嫌というほどやった競技だったり、体育の授業で嫌な思いをした運動をもう一度やりたいと思う人はいません。だけど、やったことがないなら、できなくても当たり前。気軽に楽しく体を動かすには、これまで触れたことがなかった運動がいいと思います。そうした意味でも格闘技はいいですよ。女性の初心者の方も多く、みんな楽しみながら体を動かしています。

 

他にはスタジオレッスンもみんなで楽しくできていいと思います。自分はダンス系が苦手なのですが、キックボクシング系のスタジオレッスンは、みんなで一緒にやって楽しかった思い出があります。

 

低コストで始めるならランニングが一番でしょう。ランニング仲間をつくって、お喋りしながらゆっくり走れば、楽しみながら運動ができます。話題の厚底シューズを買ってみたり、カタチから入るのも運動を楽しむ一つの秘訣。自分も新しいランニングシューズを買う予定で、選ぶのがすごく楽しみです。

 

ウエイトトレーニングを始めるにしても、カタチから入るのはアリですね。男性の場合はベルトやグリップ、グローブを買ったりしたらやる気がでるかもしれません。女性用のかわいいウェアも今はたくさんあるので、気に入ったものを入手できたらテンションが上がると思います。

 

パーソナルジムに行く。簡単なジョギングから始める。やったことがないことをやる。カタチから入る…。自分に一番当てはまる方法で、ぜひ運動を始めてみてください。

 

読者の皆様からの渡辺華奈選手への質問も募集中です。
質問はこちらから


渡辺華奈(わたなべ・かな)
1988年8月21日、東京都出身。7歳から柔道を始め、高校ではインターハイ2位、アジアジュニア優勝などの実績を残し、東海大進学後、1年時に全日本ジュニア優勝を飾る。卒業後、JR東日本へ入社し、オリンピックを目指して競技を続けた。2017年に同社を退社し、格闘家に転身。同年12月3日にデビューを勝利で飾ると29日にはRIZIN初参戦で実力者杉山しずかに勝利。MMAデビューから無敗の快進撃を続けている。所属はFIGHTER’S FLOW