1. Home
  2. チャレンジ
  3. ドキドキ!プロテインバーデビュー#10 【グラノーラ再び? 大自然をいただきます】

ドキドキ!プロテインバーデビュー#10 【グラノーラ再び? 大自然をいただきます】

コンビニでも手軽に買える「プロテインバー」。でもそこには、初心者ならではの悩みがあって……?
VITUP! 編集部が送る、笑いあり・涙ありの長編ストーリー!

 

左から「マユ」「あずみん」「コウタ」「ゆうだい」

*登場人物

マユ:ちょっと天然なイマドキ女子。寝坊癖があり、朝ごはんが食べられないのが悩み。好きな言葉は「さみだれ」。
あずみん:冷静で頼れる女の子。しかし、趣味の競馬になると我を忘れてしまう。金欠でご飯代が無いのが悩み。
コウタ:関西出身のイケメン男子。編集部きっての実力派で、女子の憧れの的。ゆうだいと仲が良い。
ゆうだい:コウタの同期。モテたくて筋トレするが誰にも気付かれない。プロテインに詳しいメンバー最年長。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【前回までのあらすじ】

「全部食べたらいいんだ! その代わり世の中に情報を伝えろっ!」

ある日、マユとあずみんは、タンパクパンダから20本のプロテインバーを託される。困惑する2人だったが、憧れの人「コウタ」のサポートもあり、ついに戦いに挑むことを決意。

数々のバーを実食する中、メンバーそれぞれの思いも明らかになってきて……?

※第9話はこちら
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

マユ「スキ……。キライ……。スキ……」

ある日の休憩時間。プロテインバーを大量に持ち、何やら呟くマユ。一体何をしているのだろう?

 

マユ「スキ……。キライ……。ぶつぶつ……」

 

ゆうだい「おーい、戻ってこーい! 一体何してるんだ?」

見かねたゆうだいが声をかける。マユは我に返ると、どこか開き直って説明を始めた。

 

マユ「スキ……。はうっ! お疲れ様です。 これはですね、”プロテインバー占い”ですっ!」

ゆうだい「プ、プロテインバー占い?」

 

マユ「そうです~! コウタさんが私のこと好きか占おうと思って……。あ、コウタさんには絶対秘密ですよっ!」

嬉しそうな顔で話してくるマユ。表情がもう完全に女の子だ。

 

ゆうだい「そっかぁ……。コウタはいい奴だし、かっこいいもんな! 頑張れよ!」

 

マユ「ありがとうございます! なんか元気出てきましたっ!」

 

ゆうだい「……。マユが元気で何よりだわ!んじゃ、今日のバー行ってみよう!」

 

どこまでも真っすぐなマユ。占いはともかく、その想いは届くのだろうか?

 

ちなみに今日のバーはこちら!

エントリーNo8:ケロッグ ソイプロテイン グラノーラバー ベリーナッツ
*スペック抜粋(1本当り)
エネルギー254kcal、たんぱく質 13.2g、脂質14.3g、炭水化物18.6g、糖質15.8g

 

ゆうだい「これはすごいな……。かなりコーティングされてる。銀歯持ってかれそうだ(笑)。銀歯泥棒と名付けよう」

コウタ「失礼や失礼。匂いもちょい独特な感じするな。野生のプロテインバー現るって感じや」

 

あずみん「それもはや食べ物なんですか(笑)」

 

マユ「と、とりあえず食べてみましょうっ!」

 

せーのっ、いただきまーす!!

 

マユ「思ったより甘酸っぱいナッツの食感があって、ナッツ好きな人はめっちゃ好きだと思います。グラノーラですね」

 

コウタ「せやな。パッケージにある通り、甘酸っぱいベリーと蜂蜜の優しい甘さって感じや。組み合わせがGOODやで。ねっとりとした食感でボロボロ落ちないところも評価高いな」

 

ゆうだい「こぼれないのはいいよね。銀歯泥棒とか言っちゃったけど、意外とくっつかない。おとなしいタイプの泥棒? 内弁慶ですねこの子は」

 

コウタ「何を言うてんねんお前は(笑)」

 

ゆうだい「ワードが降ってきちゃったよ(笑)。でもほんとグラノーラって感じだ! 牛乳に合いそう」

 

あずみん「なかなか飲み込めないですね。食べ応えあります。お腹いっぱいになりそう」

 

マユ「味的に、筋トレする女の子なんかはとってもいいと思います」

 

ゆうだい「なかなか新しい発見だったね! じゃあ、採点いってみよう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エントリーNo4:ケロッグ ソイプロテイングラノーラバー

【POINT!】

・タンパク質含有量は13.2g

・甘酸っぱいベリーと蜂蜜の甘さがバランス◎

・ねっとりとした食感。

・ナッツの味わいが強い。

・食べ応えと満足感がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あずみん「以前のキャラメル味に比べて、こっちは自然な味って感じでしたね。結構好きです」

 

ゆうだい「チョコやキャラメルから、グラノーラまであるもんね。プロテインバーも侮れない!」

 

マユ「苦手があっても、他から選べるのがいいですね! 皆が悩まないように、最後まで頑張るぞ~!」

 

コウタ「お! 気合入っとるやないか! ほな次も行ってみよか!」

 

バンっ!

マユ、あずみん「チョコ! あれ、ダイエット!?」

 

大自然の恵みを堪能した4人。

選手権も折り返し地点。お気に入りのバーは見えてくるのだろうか?

 

次回:チョコでダイエット? タレントチョコバー現る。

お楽しみに!

※この物語は一部フィクションを含みます。

★皆さんも1位を予想してみよう!★
Twitterで「バーの名前」を記入し、「#ドキドキプロテイン」を付けてツイートするだけ!
正解者の中から抽選で1名様に「VITUP!Tシャツ」をプレゼント!
詳細はこちらをチェック。