1. Home
  2. movie
  3. 大腿四頭筋を緩めるストレッチ

大腿四頭筋を緩めるストレッチ

今月のテーマは「反り腰から卒業!」

VITUP! 読者のみなさま、こんにちは。ピラティストレーナーのAzusaです。

先週は反り腰チェックポイントをお伝えしましたが、反り腰のタイプ別によって身体への影響は様々です。みなさまはどのタイプに当てはまりますか?

①前傾タイプ(骨盤が前に倒れている)
→ポッコリお腹、垂れ尻の原因に。

➁骨盤傾きタイプ(左右の骨盤の高さが違う)
→下半身太りの原因に。

③骨盤ねじれタイプ(左右の寛骨の位置が違う)
→こちらも下半身太りの原因に。

何気なく座っていると脚を組んでしまう癖はありませんか?まさにその行為が、反り腰を誘発している原因のひとつです。改善できるところからコツコツとやっていきましょう!

【エクササイズのポイント】

①右側の体側を下に横向きになり、ヒザは90度に曲げていきましょう。

➁左手で足首をキャッチし、踵は左のお尻の真ん中にセットしましょう(反り腰になりやすい体勢なので骨盤はやや後傾にセットしましょう。

③股関節が内旋しやすいので、太ももの面を正面に向けるよう意識しながら鼻から大きく吸います。そして、吐きながらヒザを後ろに引いていきましょう(左の骨盤が後ろに倒れていかないように注意しましょう)。

④呼吸はゆっくり行ないながら5回繰り返していきましょう。

⑤反対も同様に行なっていきましょう。

反り腰の方はハムストリングスが弱いので、拮抗筋である大腿四頭筋を使いすぎてしまいます。
しっかりとストレッチして、反り腰を改善していきましょう。

指導=成田亜寿沙
協力=株式会社E.M.I.


成田 亜寿沙(なりた・あずさ)
大阪府立登美丘高等学校出身。高校卒業後、ダンスの専門学校に通い、ユニバーサルスタジオジャパンのオープニングダンサーとして1年間勤務。その後上京し、コロッケコンサート全国ツアーや、有名歌手のバックダンサーとして全国各地に巡業。セカンドキャリアとしてピラティスの資格を取得し、ピラティスの魅力に引き込まれていく。正しく息をすれば、身体が変わり、思考が変わり、心が変わり、幸せになる。「息するカラダ」というビジョンのもと、ピラティス・ヨガのメソッドで身体機能を整える。
【所有資格】
Basiピラティス Comprehensive
Basi認定 産前産後マタニティピラティス
E.M.I認定  Core Power Yoga CPY®
E.M.I認定 Athlete Pilates
Body Code System in Italy認定 Master Stretch
日本ピラティスアカデミー認定 Stretch-eze
栄養コンシェルジュ 2つ星コース認定