1. Home
  2. マッスル
  3. 『ONEPIECE』映画の世界をボディビルで表現? 美と剛を司る新たなマッスルエンターテイナー【椎名拓也#4】

『ONEPIECE』映画の世界をボディビルで表現? 美と剛を司る新たなマッスルエンターテイナー【椎名拓也#4】




昨年10月に開催されたジュラシックカップで、一気にその名を広めた椎名拓也。3位という結果はもちろん、称賛を集めたのは、“美”と“剛”を融合させた、今大会だからこそ表現できたオリジナリティあふれる1分間のフリーポーズだった。

【インタビュー動画】実は深いフリーポーズへのこだわり。ふんわりな雰囲気の椎名が込める熱量

僕自身はエンターテイナー

「フリーポーズ、めちゃくちゃこだわりがあるんじゃないですか?」
そう問うと、返ってきたのは意外な答えだった。

「どっちかって言うと、あんまりやりたくないんですよ(笑)。フリーポーズが得意な人っていろいろと浮かぶと思うんですけど、自分の場合はいつも全然思いつかなくて。1か月くらい考えてるときもあって、案外それがストレスなんですよね。もちろんステージに立てばそこはボディビルダーにとって見せ場なので頑張りますが、あんまりたくさんフリーポーズもつくりたくないので、1年に1回にしたいんです(笑)」

根掘り葉掘り聞いていこうと思った矢先の、出鼻をくじかれるこの言葉…。ただし、しれっと彼がこぼした「1年に1回にしたいんです」というのは、非常に彼らしいとも言える。すなわちそれは、同じフリーポーズは2度とやらないという意思の裏返しでもある。

「それはありますね。期待して見てくれている人が多いですし、去年以下のフリーポーズはしたくない、必ず期待を超えるようなものを見せたい。僕自身はエンターテイナーだと思っているので、1年に何回かフリーポーズをするとしても、必ず違う曲を使うようにしています。やっぱり、お客さんを楽しませるのは一番大切だと思いますね」

「こういう面白さがあるんだ」みたいな

そんな彼がジュラシックカップで見せたフリーポーズは、彼の信念が詰め込まれたものと言ってもいいだろう。溺愛するアニメ『ONE PIECE』のオープニング曲「ウィーアー!」のアレンジバージョンであるゆったりとしたBGMでスタートすると、流れるような美しいポーズをとっていく。ところが半ばを過ぎたあたりで「ギュルギュルギュル」とDJのバックスピンで急停止すると、椎名自身も回転し、しゃがみ込む。右手を挙げてパチンと指をはじくと、曲調は一転。師である合戸孝二が日本選手権のフリーポーズで使用した勇ましいBGMへと切り替わり、表情を含めて“剛”の椎名が姿を見せたのであった。まさにアーティスティックな“作品”だ。

「もともとそういうのをやりたいなとは思っていて、今回は合戸さんからの推薦で出場したこともあり、椎名拓也×合戸孝二のフリーポーズができればと思っていました。イメージとしては、『ONE PIECE』の映画。『ONE PIECE FILM Z』って、全体のイメージとしてかっこよくて、以前の日本ジュニア選手権のときはあのような感じです。去年の夏に地元の『ミスあさひコンテスト』のゲストポーズをやったときは、『ONE PIECE FILM RED』というシリーズの中でも美しい感じの作品をイメージして、美を意識しました」

2021年のマッスルゲート静岡の締めポーズはまさに『ONE PIECE』

なるほど、そして今回のジュラシックカップについては。

「『ONE PIECE FILM GOLD』っていう、ちょっとひねった感じの作品があって、『こういう面白さがあるんだ』というような映画なんです。ジュラシックカップのフリーポーズは、まさにそんな感じでした」

昨年は体調不良などの影響もあり、JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)への選手登録はせず、ジュラシックカップのみの出場となったが、2024年はいよいよトップレベルの大会で彼らしいパフォーマンスを披露してくれるはずだ。

「今の段階では、あんまり期待しないでください、まだ何も考えていないので(笑)」

そう笑ってごまかすが、ある程度は本心であり、本心ではない部分もあるだろう。これまでの椎名拓也のフリーポーズを見てきた人にはわかる。彼はそこに絶対に手を抜かない、必ずや過去を超える作品を披露する男なのだから。

(続き)

【PROFILE】
椎名拓也(しいな・たくや)
1999年3月24日生、千葉県旭市出身。千葉県ボディビル・フィットネス連盟理事、スポーツGYMドリーム(千葉県山武郡横芝光町)のオーナーを務める。2016年の高校生選手権でボディビルデビュー。YouTubeチャンネル「美椎名(うつくしいな)」を運営中。

▼主な戦績
2016年 全国高校生ボディビル選手権 5位
2021年 日本ジュニアボディビル選手権 2位、マッスルゲート静岡大会 ボディビルジュニア&75kg以下級 優勝、クラシックフィジーク175cm以下級 優勝
2022年 千葉県ボディビル選手権 優勝、東日本ボディビル選手権 優勝、関東ボディビル選手権 優勝
2023年 ジュラシックカップ 3位&合戸賞獲得

取材・文/木村雄大