【胸肉365】春一番 徳之島じゃがバーグのグリル

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日は春一番 徳之島じゃがバーグのグリルをご紹介。

長寿の島の元気は赤土の大地にある

南の春を告げるじゃがいも「春一番」は長寿世界一で知られる泉重千代さんの生まれ島。その大地の色は赤。じゃがいもが美味しくなる理由は土にあります。このじゃがいもは、この3月中旬から4月下旬が最盛期です。以前もご紹介していますが、香り、粘り、旨味が違います。機会があれば、是非食べてみて下さい。

材料/春一番じゃがいも、にんじん
調味料/塩、胡椒

①じゃがいもを茹で、つぶす

②ジューシー胸肉、にんじんをサイコロ状にカットする

③つぶしたじゃがいもにジューシー胸肉、にんじんを入れて丸める

④バーナーで表面を焼いたらお皿に盛りつける

【完成】

添えて食べる野菜は、形を変えておくと食感も色味もたのしめます。春らしく盛り付けてみよう

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。