【スポーツと仕事】未来コーディネーター 小村大樹③

近年、スポーツビジネスの機運が高まっており、スポーツを仕事にしたいという学生も増えてきているという。しかし、発展途上の「スポーツ業界」への就職は容易ではないのが現状だ。そこで、「スポーツ業界」と「就職希望者」をつなげ、業界の発展を目指すことを目的として「NPO法人スポーツ業界おしごとラボ」を立ち上げた小村大樹氏に、その取り組みを語ってもらった。

やりたいことをやっていったら、
3つの会社が立ち上がった

――これまでのお話にあったすごラボと並行して、小村さんは2つの会社を運営されていますよね。

小村 スポーツ業界への就職したいっていう子をサポートしたいと思って、すごラボを立ち上げましたけど、私自身はアイドルや漫画家さんとかさまざまな人を社会貢献みたいな形でサポートしているんですね。でも、社名に「スポーツ」って入ってるから、「何でスポーツ以外のことを?」って言われることもあって。

――そこで、新しい会社を立ち上げたわけですね。

小村 2016年に「一般社団法人ファンダシオン」というのを作りました。スポーツ業界を目指す子以外にも、人生どうやっていこうかなと模索している子、悩んでいる子のサポートをしてあげたいなって思って。土台作りみたいな。ファンダシオンってフランス語で土台って意味なんです。

――なるほど。さらにここでは、ライセンスも運営しているとか。

小村 せっかくここに通ってもらうんだし、彼らには学んだ結果を示す目安みたいなのを何か作ってあげたいと思いまして。そこで、多くのスポーツ業界関係者のお力添えをいただき、彼らに認定員になってもらって、「スポーツジョブライセンス」というのを去年作りました。

――これはいったいどのようなものなのですか?

小村 一言でいえば、スポーツ業界での通行手形みたいなものです。私が今までやってきたことに、見える形で冠をつけました。スポーツ業界への就転職を目指す人が、一定の知識や力を持ちつつ、採用する側が求める「何ができるの?」に答えることができるという証ですね。私自身にとっても、これまで多くの人を見て、毎週すごトークを実施してくれる業界関係者のネットワークを持っていて、そこで学んだ子たちを業界へ自信を持って送り出せるっていうのを伝えられる形が欲しかったんですよね。

――さらに、並行して小村スポーツ職業紹介所の所長でもあるわけですよね。

小村 職業を紹介する者として、厚生労働省が認可する職業紹介事業の免許を昨年に取得して立ち上げました。知らずにやってしまっている人もけっこういるのですが、この免許がないと、有料無料関係なく斡旋や仲介など厚生労働大臣の許可なく職業紹介をしてはいけないんですよ。1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられるんです。ちなみに職業紹介責任者も取得しました。これで、教育することをメインに活動しつつ、スポーツ業界を中心にいろいろな人をサポートする団体でありながら、国に認められて職業の斡旋もできる場所になったということです。

――3つの団体を運営するっていうのはすごいですね。

小村 自分は優秀な経営者でもないし、作りたくて作ったわけじゃないんですけど、ただやりたいことをやるために必要なことをしていったら3つの会社が立ち上がっただけですね(笑)。3つの団体を合わせて私の個人塾みたいなところですが、教育業であって職業紹介業の両面の強みを持っている。入口のところから出口のところまで、しっかりと認められた形でサポートできる場所なんです。

――スポーツ業界への就職を目指す人も含めて、いろんな人がここに助けを求めにやってこれるわけですね。

小村 例えるなら、うちは学校の保健室みたいな場所だと思うんですよ。いつでもオープンで、何か不安や心配事、悩みがあったら気軽に立ち寄れる場ですね。遠からず近からず、程よい距離感で、自分のことを客観的にサポートしてくれる味方。メンタルトレーナー時代から「心の整え屋」なんて称してますが、一貫して同じですね。身近に叱咤激励してくれる人がいると常に心が平安で自分を強くしてくれると思いませんか?と。私も教え子たちにアドバイスもらう時もけっこうありますけどね(笑)

次回は、小村さんの「教え子」の実例を交えながら、彼らとの向き合い方を語ってもらいます。

小村大樹(おむら・だいじゅ)
NPO法人スポーツ業界おしごとラボ 理事長。一般社団法人ファンダシオン理事、スポーツジョブライセンス認定委員長。小村スポーツ職業紹介所 所長。スポーツメンタルトレーナーとして多くのアスリートをサポートし、2006年に総合学園ヒューマンアカデミー「スポーツマネジメント講座」を立ち上げる傍ら、数百名の方向性を確立する個人プロデューサーとして活動。人生のゴール設定と今やるべきミッションを明確にする「デュアルメイキング」構築者として多くの人をアドバイス、業界へ橋渡しをしている。
NPO法人スポーツ業界おしごとラボ HP→http://sgolab.or.jp/

聞き手・撮影/木村雄大