【胸肉365】もちもち胸肉餃子

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はもちもち胸肉餃子をご紹介。

皮がもちもち、ジューシーです

焼き餃子は皮がパリっとしていて、皮がモチモチでジューシー餃子が食べたいですよね。皮は中華街の専門店で購入し冷凍保存しておきます。余った具材で作るのも良し、ニンニクやショウガを入れ、野菜たっぷり餃子もおいしいですよ。

材料/葉ニンニク、餃子の皮
調味料/塩、お酢、シークニン(島みかん果汁)、醤油、ごま油

①葉ニンニクを3cmほどに切る

②縦に選を入れ、みじん切りにする

③袋を使い、胸肉を細かく切り、葉ニンニクのみじん切りを入れる。塩少々いれて味付けする

④餃子のからの中央より上に餃子の種を小さじ1おく

⑤下の方から半分に折り、皮を合わせてヒダを5つほどつける

⑥食べる分を包み皿に並べてゆく。※ならべると焼いた時に多く作りすぎることが無くなります

⑦フライパンにお湯をいれて、包んだ餃子をいれて蒸しや気にする

⑧水分を飛ばしながら中火で焼き、最後に強火にする。※少量のごま油を入れて焼くと美味しくし上がります

【完成】

食感が楽しめる餃子に仕上げて、召し上がれ

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。