帰ってきた、勝手にプロテインナンバーワン決定戦【第3回】プロテイン界の絶対王者降臨~情熱のパッションフルーツ風味

美味しいプロテインナンバーワンを編集部の独断で決める「勝手にプロテインナンバーワン決定戦~ビーレジェンド部門・牛乳割りバージョン」。2日目となる本日、なんと早くも前回王者が登場しました!(※注=あくまでも個人の感想です)

VITUP!読者の皆さん、こんにちは。「勝手にプロテインナンバーワン決定戦~ビーレジェンド部門・牛乳割りバージョン」2日目です。今回、最先端システムによって選び出されたのはこちら!

情熱のパッションフルーツ風味

2日目にして早くも前回王者の登場です。しかしながら牛乳との相性を不安視する声もあります。

「水のときは酸っぱい感じが良かったんですけど、牛乳で割るとどうなんですかね。企画的にはまずくなってくれたほうが面白いんですけどね」(木村親方)

とにかく酷評したいという木村親方の邪悪な考えに負けず、情熱のパッションフルーツ風味は王者としての意地を見せられるのでしょうか!? 

それではさっそくかんぱーい!

パッションフルーツと牛乳の相性は……。

「うまい。ドロドロしていて新しい食べ物になった感じ。フルーツの上にかけて食べたい感じですね」(木村親方)

酷評予定の木村親方も絶賛。

「どこかの島に行ったときにパッションフルーツにアイスを乗せて食べたことがあって、それがすごく美味しかったんですけど、そういう感じの美味しさです。高校生の頃、部活が終わってプロテインを飲むと、夕飯があんまり入らなくてダイエットになるって言ってた友達がいたんですけど、これは食べ物っぽいのでお腹も満たしてくれる感じなのですごくいいと思います」(新人N)

「フレンチのデザートに出てくるような感じだね。“パッションフルーツのソルベ、プロテインムース添え”みたいなメニューで。新感覚のデザートみたいで美味しい。簡単に言うと、フルーチェだけど」(佐久間)

ずいぶん簡単でわかりやすいたとえありがとうございます。

「普通に美味しいとあんまり言うことがないんですよね。まずかったらあそこがダメだとか指摘できるんですけど」(木村親方)

人の悪口は盛り上がりますからね。プロテインの悪口で盛り上がりたかった木村親方の願いも空しく、情熱のパッションフルーツ風味は、水割りに続き、牛乳割りでもその実力を発揮しました。プロレス界の絶対王者といえば小橋建太、フィギュアスケートの絶対王者といえば羽生結弦、プロテインの絶対王者といえば、情熱のパッションフルーツ風味。

第2回大会はまだ始まったばかりですが、情熱のパッションフルーツ風味の連続優勝の期待が高まった2日目でした。それではまた明日!

ビーレジェンド様の商品情報はこちら→https://belegend.jp/

文&撮影・編集部