徹底的な現場主義を実現!東京YMCA社会体育・保育専門学校のオープンキャンパスに密着!

1980年に創立された東京YMCA社会体育・保育専門学校は、「現場主義」を第一に掲げた教育で、これまで多数のスポーツトレーナー・インストラクターを社会に輩出してきました。今回VITUP!では、同校のオープンキャンパスにお邪魔し、日本で最初のスポーツ系専門学校としてのポリシーと、つねに業界をリードし続けている育成現場に迫ります。

学校の特徴は徹底的な「現場主義」と
実習中に限らない学校生活での「ベース作り」

東京YMCA社会体育・保育専門学校にはその名の通り、社会体育専門課程と保育専門課程の2つのコースが設置されており、社会体育専門課程は、さらにスポーツトレーナー科とスポーツインストラクター科の2つの学科に分かれています。

そもそも読者の皆さんは、トレーナーとインストラクターの違いはご存知でしょうか? スポーツトレーナーは、ただ単にトレーニングを指導するだけではなく、アスリート選手がベストのパフォーマンスを発揮できるようにトレーニング、コンディションを管理する仕事です。主に、スポーツ選手をマンツーマンでサポートしたり、フィットネスクラブ・スポーツクラブなどでトレーニングや健康管理をサポートしたりします。一方で、幼稚園や保育園、スイミングスクールやテニススクールなどで技術指導を行い、スポーツの楽しさや健康の大切さを伝えるのがスポーツインストラクターです。

上記以外にも、ゼミや選択授業には多数のプログラムがあり、スポーツビジネス、審判資格の取得など、個々の学生が得意なことや興味のあることを伸ばすことができます。ですが、専門性を大切にしている同校では、より早い段階で、自分の興味や高めたい分野を明確にしておくことが不可欠です。また、質の高い専門性は「ベース作り」から生まれるという考えから、実習中の個人指導はもちろんのこと、学校生活での挨拶や身だしなみなどの指導も徹底していると言います。

専門的な知識を学べるだけではありません。スポーツイベントの運営サポートやキャンプ活動を通じて、協調性やおもいやりの心を育む教育にも力を入れています。キャンプ活動に関しては、長い歴史を持つYMCAならではの強みを生かしたカリキュラムで、協調性だけではなく、普段は味わえない達成感や満足感を経験できます。きっと将来の仕事にも役立っていくような、かけがえのない経験になるでしょう。

前述したように、同校最大の強みは徹底した現場主義ですが、それは近隣の総合スポーツクラブを利用できることでも促進されています。その敷地内には学生専用の2つのトレーニングルームがあり、フリーウエイトがメインの本格的な設備が揃っています。授業中に限らず、自主的にも使うことができることも大きなメリットです。

また、広い体育館、25m×5コースのプール、可動床プール、ウエイトトレーニングルーム、スタジオなども使うことができ、思う存分スポーツを学ぶ環境が整っています。

入学希望者に話を聞いてみると、「やっぱり施設が充実しているところが、他の学校にはない魅力」とのこと。将来は子どもスポーツに関わりたいという目標を持ち、これまでにもたくさんの専門学校や体育大を見学しに行ったそうですが、最終的にはYMCAのカリキュラムに心ひかれたようです。

 

重視するのはスポーツが好きな気持ちと
将来の目標が明確にあるかどうか

施設見学を終えたあとは、校舎に戻って個別相談が行われました。個別指導に力を入れている同校らしく、個別面談もひとりひとりにしっかりと教員の方が向き合っている姿が印象的でした。

また、入試についての案内も行われましたが、そこで驚いたことがひとつ。それは入試試験では実技のテストがあまり重視されていないということです。一般入試では、試験を実技か作文かを選択することもでき、実技を選んだとしてもそこまで高度な内容は求められていないようでした。それはなぜかと伺うと、運動経験があるということは大前提ではありますが、「入試では、スポーツが好きな気持ちと、将来どうなりたいかという明確な目標を重視しているから」とのことです。

本物の指導者を育てていきたいという思いから38年前に開校した同校。現在、幼稚園や保育園には幼児体育指導員を派遣して幼児期における運動能力を高める指導を実施しています。他にも、指導者が自分自身の経験をベースに教えるという風潮の残る中学・高校の部活やクラブチームでも、今後はプロの指導者が主役になる時代が来るかもしれません。

日に日にその人口を増していくトレーナーやインストラクターですが、学ぶ環境、そこで得られる体験は人それぞれです。本当に信頼できる指導者とは? 社会に求められるプログラムは? 東京YMCA社会体育・保育専門学校は、つねにそうした課題と正面から向き合っている学校でした。

今後のオープンキャンパス日程など、学校の詳細はこちらをご確認ください。

取材・文/中田有香