「肉フェス」 5周年、今年も東京・大阪で開催決定。あの殿堂入りメニューも完全復活!

GWの風物詩ともなった国内最大級フードエンターテインメント「肉フェス」が、今年も10連休となったGWを盛り上げます。
2019年4月26日(金)〜5月6日(月・休)の11日間、東京・お台場と大阪・長居公園での同時開催が決定。日本が誇るフード(肉料理)と音楽、他ジャンルのコンテンツとをMIXした新たな体感型フードイベントとして、1日中楽しめる空間を目指します。

3年連続で年間売上No.1を記録し、2016年に殿堂入りを果たした「肉フェス」の代表格メニュー「門崎熟成肉 格之進」の“門崎熟成肉 塊焼”も久々にカムバック! さらに5周年を記念して、格之進が開発した世界初のお肉の調味料として、メディアから注目される“牛醤”のソースを加えたスペシャルバージョン“門崎熟成肉 塊焼+牛醤”として登場します。

キャッチーなネーミングとハンパないシズル感の“飲めるハンバーグ”は、根強い「肉フェス」ファンにはもはや欠かせない存在。回を重ねるごとに認知度が高まる、まるで飲めるような肉汁たっぷりのハンバーグは、おろしポン酢でさっぱりと。

焼きしゃぶ発祥の地・北九州の「肉処 天穂」が提供する“A4・A5熟成佐賀牛 厚切りステーキ&焼きしゃぶ”は、「肉フェス」ファンの舌を唸らせる本気の焼きしゃぶ。舌触りが絶妙な柔らかい佐賀牛をたっぷり堪能できる一品です。

<飲めるハンバーグ><肉処 天穂>ともに、東京・大阪の両会場で楽しめます。そのほか、各会場では定番メニューの厚切り牛タンや肉バーガー、肉寿司が並ぶほか、今回新規参画の海外人気店舗や神戸牛ブランドなど、新たな「肉フェス」の世界が堪能できます。順次発表をお楽しみに。

◎【今年の肉フェスはココが違う!】
★「肉フェス」をこれまで支えたレジェンドメニューのほか、次世代メニューを新提案!新規参画店舗に大注目!
★アーティストや企業など、5周年ならではの枠を越えたコラボ企画がいっぱい!
★「肉フェス」公式アプリが登場!前売り券の購入や最新情報をゲット!(4月リリース予定)

■開催概要■

【東京】:肉フェスTOKYO 2019
・開催期間:2019年4月26日(金)〜5月6日(月・休) <11日間>
・営業時間:10:00〜21:00 ※初日12:00〜、最終日〜20:00
・会場  :お台場特設会場 お台場青海地区P区画(江東区青海1-1-16)
・アクセス:ゆりかもめ 台場駅から徒歩5分、りんかい線 東京テレポート駅から徒歩7分
・主催  :AATJ株式会社
・協賛  :iD  ※「iD」は株式会社NTTドコモの商標です
・後援  :東京臨海副都心まちづくり協議会、J-WAVE
・特別協力:東急電鉄、りんかい線、株式会社ジャパンミート
・料金  :入場料無料(飲食代別途) ※食券(700円/枚)、電子マネー利用可

【大阪】:肉フェスOSAKA 2019
・開催期間:2019年4月26日(金)〜5月6日(月・休) <11日間>
・営業時間:10:00〜21:00 ※初日12:00〜、最終日〜20:00
・会場  :長居公園 自由広場(大阪市東住吉区長居公園1-1)
・アクセス:Osaka Metro長居駅から徒歩2分
・主催  :AATJ株式会社、株式会社キョードーアジア
・共催  :一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ
・協賛  :iD  ※「iD」は株式会社NTTドコモの商標です
・特別協力:株式会社ジャパンミート
・料金  :入場料無料(飲食代別途) ※食券(700円/枚)、電子マネー利用可

公式サイト:http://nikufes.jp
Twitter:https://twitter.com/nikufes
Facebook:https://www.facebook.com/nikufes/
Instagram:https://www.instagram.com/nikufest/

※会場内への飲食物、ビン・缶の持ち込みは一切禁止です。
※会場内には電子マネーチャージャーはありません。
※渋滞が予想されるため、公共交通機関をご利用ください、
※雨天決行。ただし、荒天の場合は中止する可能性があります。