スポーツ中継の真髄とは?

WOWOWのスポーツ中継制作に携わる社員やスタッフ向けに行なわれた、全5回の講義「WOWOWスポーツ塾」をベースとした書籍『準備せよ。スポーツ中継のフィロソフィー』が3月22日に文藝春秋より出版されることが決定。

WOWOWスポーツ塾は、日本テレビとスカパー!で40年にわたって箱根駅伝、世界陸上、プロ野球、Jリーグ、パラリンピック等、あらゆるスポーツ中継に携わってきた田中晃社長が、その知見をWOWOWのスポーツ中継に役立てたいと18年に企画したもの。自らの講義に加え、平昌冬季五輪でスキージャンプ競技の国際映像制作を担当した札幌テレビ放送の山本雅弘専務もゲストとして登壇。2020年に東京オリンピック、パラリンピックを控える日本において、スポーツ中継をよりよいものにしていきたいという願いを込め、今回の書籍化が実現しました。

本書では講義で語られた制作者としての責任、フィロソフィー、そして徹底的な準備の重要性が豊富な実例とともに紹介され、カメラのポジションやアングル、映像の切り替え、実況・解説のあり方でスポーツ中継はまるで異なるものになっていく様子が紐解かれています。スポーツ中継に携わる人にとっては中継をよりよいものにするために何をするべきか考えさせられる1冊となり、スポーツファンは画面の向こうで制作者がどのようなことを考えているかを知り、スポーツ中継をより楽しむきっかけになりそうです。

 

<内容>
はじめに~スポーツ中継との出会い「スポーツはドラマだよ」
第1回 「そこにフィロソフィーはあるか?」?放送責任と制作者の役割?
第2回 「ディレクターは神様なんだ」?スポーツ中継の画作り?
第3回 「そこに音があるんだから」?平昌オリンピック国際映像制作の現場?
第4回 「白いキャンパスに絵具を落とすように」?スポーツ中継のコメンタリー作り?
第5回 「俺たちのGOALは何だ?」~WOWOWのテニス中継とWHO I AMの挑戦~
おわりに~「スポーツ中継制作者」という人種

<データ>
タイトル:『準備せよ。 スポーツ中継のフィロソフィー』
著者:田中晃/ WOWOWスポーツ塾
出版社:文藝春秋
発売日:2019年3月22日
単行本:176ページ
定価 :本体 1,500円 + 税

アマゾンでの購入はこちら