【全国ジム探訪/B-ONE】 筋トレ界の頑固オヤジのラーメン屋

北海道札幌に、知る人ぞ知る「筋肉の道場」がある。

取材を申し込むと、
「うちは筋トレ界の頑固オヤジのラーメン屋ですよ。
それでもいいなら、どうぞ」と野太い声が返ってきた。

後日、住所を頼りに頑固オヤジのラーメン屋を探すと
2階建てのピンクの建物を発見。

地下鉄ススキノ駅から歩いて7分くらいのところに
「ウエイトトレーニングジム B-ONE」はあった。

ここが筋トレ版「頑固オヤジのラーメン屋」

派手なBGMが響く中、扉を開けて大きい声で名乗ると、
こわもて風(失礼)の北村次秀代表が、
「取材ですよね。今、空いてきたからいいですよ」と微笑んだ。

笑顔だけど怖そうなのは気のせいか。

怖さの中に優しさがある北村代表

中に入ると黒光りしたマシンがズラリと並び、圧倒される。
1台目のアームクロスを前にしばし佇んでいると、
「これはね、多分、日本ではうちくらいしか置いてないんじゃないかな」
と北村代表が恋人でも見るように目を細めて説明する。

自慢のアームクロスは存在感がハンパない

辺りを見渡すと、あまり馴染みのないマシンばかりが並んでいた。
それを一つひとつ丁寧に説明しながら、こう言った。

「うちにあるのは、すべてアメリカへ買い付けに行ったマシンなんですよ。
メーカーによってメリットとデメリットがあるから、
できるだけ効きの強いマシンを基準にして選んでいます。

使い方を間違えるとケガをする可能性はありますけど、
正確に使えば間違いなく効きますからね」

北村代表は、北海道ボディビル・フィットネス連盟副理事長を務め、
柔道や空手などの格闘技を経て、北海学園大学のボディビル部へ入門。
卒業後、ジムの運営を任され、15、16年前にB-ONEを設立した。

トータルで30年くらいは、ジム経営に携わっている。
ちなみに大東流合気実践あらい道場の師範代でもあるようだ。

ふと転がっている太巻きのようなダンベルを見て、驚く。
一体、何kgあるのだろうか?

まるで太巻きのようなダンベル

太巻きダンベルの視線に気づいた北村代表は、
「これは気になるよね。片方で90kgまで増やしてみました。
試してみますか?」と、からかうように笑う。

片方で90kgと言うことは、両方で180kg!
挑戦する人はいるのだろうか⁉

そんなことを考えていると、北村代表のスマホが鳴った。
こちらをちらと見ながら電話に出ると、
「おお、久しぶり。今から? いいよ」と言って通話を切った。

そして、
「これからドラゲーの選手が来ますよ」と呟いた。

ドラゲー……、どうやらプロレス団体「ドラゴンゲート」の選手が
トレーニングに来るようだ。ジムの壁にはボディビルだけではなく、
プロレスの大会ポスターもたくさん貼ってある。

ポスター以外にも、プロレスラーのポラロイドがサイン入りで並び、
関係が深いのだろう。

「みんな身体を鍛えたいんでしょうね。
団体を問わずにプロレスラーがよく来ますから。

うちはね、筋トレという味を突き詰めて行きたいんです。
それぞれトレーニング方法について好き嫌いはあると
思いますが、ここは癖が強いマシンで鍛えるところです」

北村代表と雑談をしていると、しばらくして堀口元気選手が到着した。

「会長、またお世話になります」

「よく来たね。うちは金は出せないけど、
うまいものを食わせることはできるから」

談笑しながら、堀口選手が慣れた感じでトレーニングを開始した。

ドラゲーの堀口元気選手が黙々とトレーニング

トレーニングの合間にコメントを求めると、堀口選手は快く対応してくれた。

「年に2回くらい札幌で大会がありまして、その度に、
ここでトレーニングをさせていただいています。
会長とは、もう長い付き合いになりますね」

黙々とトレーニングに取り組んだ堀口選手は、笑顔でジムを後にした。

入れ違うようにKagetora選手が現れた。
チームが異なる二人のニアミス。
彼も、慣れた感じでマシンと会話する。

Kagetora選手も現れた

休憩している時に話しかけると、気さくに答えてくれた。

「なぜ、ここに来るか? これだけのマシンが
揃っているジムは、なかなかないですからね。
札幌に来た時は、時間をつくって足を運んでいますよ」

大物二人がジムを去ると、今度は
2019北海道選手権大会カテゴリーメンズフィジーク
23才以下172cm超級4位の廣富晶選手が登場。

極真カラテを習っているという廣富選手は、
トレーニングの合間にポージングを決めてくれた。

北海道フィジーク4位の廣富選手

ちなみに同ジムは、フィジークでジュニアの世界チャンピオンに
なった小沢亮平選手がいる。ボディビルの全日本チャンピオンを
育てるのが当面の目標のようだが、そこまで大会には拘っていないとも言う。

「うちは、鍛えることが好きな方たちが集まっています。
大会も大事ですけど、それはあくまでも鍛えていく中での
選択肢のひとつ。鍛えることの楽しみを知っている方々と一緒に、
筋トレ道を歩んで行きたいですね」

その言葉には、頑固オヤジの愛情がたくさん詰まっていた。

施設内には男性が喜ぶポスターが貼られていた

【動画】ドラゲー堀口・KAGETORA@B-ONEジム

取材・撮影/松井孝夫

 

ウエイトトレーニングジム B-ONE
北海道札幌市中央区南5条東2丁目5-2
TEL(011)511-7889
交通:地下鉄豊水ススキノ駅より徒歩4分
地下鉄ススキノ駅より徒歩7分
HPはこちら