だから日本人は世界で勝てないんだ【横川尚隆インタビュー~王者が見据えるその先は?~#5】

2019日本ボディビル選手権で優勝し、新王者となった横川尚隆。11月の世界選手権でも4位入賞を果たした彼だが、2020年は大会不出場を宣言済み。果たしてその真意とは、そして彼が見据えるものとは?全5回に分けて掲載する今回のインタビューの最終回となる今回は、JBBFや、ボディビルに対する思いを話してもらった。
#1は→こちら
#2は→こちら
#3は→こちら
#4は→こちら

俺に期待して、見ていてください

――前回、このボディビル界に革命を起こすという話を伺いました。そういう考えに至ったのはいつ頃からですか?
もう競技をやっていてずっとですね。やっていて満足していない部分がいっぱいあったんですよ、正直。自分で言うのもあれですけど、もし俺が出てこなかったらどうなってたんだ?と思っていて。上位の顔ぶれも順位もほとんど変わらず、このままずっと続いていくの?って。そんな大会、見ていて何が面白いんだろう?と。

――大会自体がこのままではつまらなくなってしまうと。
あと失礼を承知で言いますが、出場した選手たちにも思うところはあります。正直、本当に勝ちたいと思ってやっているのかな?と考えるところはありました。もちろん全員っていうわけではないですけど、上を狙いにきている気迫みたいなものを、正直あまり感じませんでした。どこかで、「今年は横川が優勝だろ」みたいに思っていたんじゃないか、って。

――全員が優勝を狙いにこないと、面白くないですよね。
だから世界大会でも、「日本人だから」とか「ファイナルへ進めれば」みたいな言葉が出てくるんじゃないかと。言ってしまえば、だから勝てないと思うんですよ。何を臆することがあるのかわからないし、何をビビっているのか。何連覇中のチャンピオンがいるとか、関係ないじゃないですか。その時点で負けていると思います。俺は最初から日本一になるって気持ちでずっとやってきたから実際になれたわけで、「ファイナリストになりたい」って思ってやっていたら日本一にはなれてないと思います。勝手に自分で壁を作って、決めつけてやっているから勝てないんじゃないかって感じました。

――ある意味そういうのは、日本人ゆえの謙虚さからくるのかもしれません。
そうなのかもしれませんが、世界の選手たちはみんな「絶対に優勝する」っていう気持ちであの場に立っているのはすごく感じました。気持ちの強さは大事ですよ。

――若い選手たちも、横川選手のようなマインドを持って競技に取り組んでいけば今後もっと大会は面白くなるんじゃないかと思います。
そうですね。あと、よくトレーニングのことを聞かれるようにはなったんですけど、聞いてくるのって「どんな種目やっているんですか?」とか、重さとか、レップ数なんですよね。でも大切なのはそこじゃなくて、動作中に何を意識しているか。どの筋肉を意識して、どこから曲げるとか。体の動かし方がすべてだから、表面上のことを答えてもそれは俺のやり方だから。

――競技に臨むときも、トレーニングにおいても、心掛けとか意識の持ち方が大切だと。
意識の違いがほぼすべてを占めると俺は思っているので。トレーニングの種目、重さ、回数どうこうじゃなくて、目標を達成するんだという意識を変えていったほうがいいんじゃないかなって、最近の子たちを見ていて思います。

――改めてなのですが、日本選手権優勝という目標を達成した横川選手が、次は何を目標に活動をしていくのか、多くの人が気になると思います。
僕には、小さい頃から変わらず持っている夢があるんです。なので、来年からはまたそこに向かっていくだけです。その夢っていうのはボディビルとはまた別のものですけど、日本一という一つの目標を達成したことで、また夢に一歩近づくことはできました。そこはずっとブレずにこれまでやってきたので、そのために達成するべきことをクリアしていくだけです。

――ちなみにその夢は、教えてくれないですよね?
言いません(笑)。母や、武井さん(トレーナー)くらいしか知らないので。

――やっぱりそうですよね。
ただ、俺がその夢に近づけば近づくほど、ボディビルはもっともっと広がっていくはず。今のようなマイナーな競技という状況から抜け出せることはできると思っています。だから、これからも応援してほしいなとは思います。今までのチャンピオンの中で、一番自由ですよね(笑)。

――今回お話を聞いて、今後の横川選手の活動が楽しみになってきましたし、ファンの人たちも楽しみにしていると思います。
俺に期待して、見ていてください。いろんなことを変えていくので。不器用なやり方かもしれないですけど、そのことだけに集中して、誰よりも一生懸命にやる、それしか自分にはできないので。

横川尚隆(よこかわ・なおたか)
1994年7月生まれ。東京都出身。身長170cm。2015年に本格的にトレーニングを開始し、オールジャパンメンズフィジーク選手権172cm以下級で優勝。その後、ボディビルに転向し、2019年の日本選手権で優勝。最近では『アウト×デラックス』『ホンマでっか!?TV』(ともにフジテレビ系列)など、バラエティ番組などにも出演している。
【主な大会実績】
・2014年 ベストフィジークジャパン ミスターベストフィジーク2位
・2015年 オールジャパンメンズフィジーク172cm以下級優勝
・2016年 JBBF 日本ジュニアボディビル選手権優勝、IFBB 世界ジュニアボディビル選手権2位
・2017年 JBBF 日本クラス別ボディビル選手権80㎏以下級優勝、JBBF 東京ボディビル選手権優勝、JBBF 日本ボディビル選手権6位
・2018年 JBBF 日本ボディビル選手権2位
・2019年 JBBF 日本ボディビル選手権優勝、IFBB 世界ボディビル選手権4位

インタビュー/木村雄大、ちびめが 写真/矢野寿明

新王者・横川尚隆が誕生!「これからもバルクを追い求めていきたい」【第65回 男子日本ボディビル選手権】

【大会結果】2019ミスター&ミス日本が決定!~10/14(月・祝)開催 第65回 男子日本ボディビル選手権&第37回女子日本フィジーク選手権