1. Home
  2. スポーツ
  3. 【日本トライアスロン選手権】お台場開催を推進

【日本トライアスロン選手権】お台場開催を推進

公益社団法人 日本トライアスロン連合(JTU)は、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の影響で見合わせていた秋口の各トライアスロン大会の開催の推進を決定しました。
第26回日本トライアスロン選手権は、COVID-19の収束を前提に、2020年11月8日(日)に東京都港区お台場海浜公園海域及び周辺特設コースでの開催を第一目標として、組織委員会・各関係者・地域の皆様との調整を推進していきます。この方針は、JTUアスリート委員会の「日本選手権を開催してほしい」という意見を踏まえ、6月24日水のJTU臨時理事会にて決定となりました。
8月上旬を目途にお台場開催を最終的に判断し、開催困難と判断した場合は10月17日(土)・18日(日)、岐阜県海津市国営木曽三川公園にて開催予定の各年代別日本選手権(U15、U19、U23、高校生)と併催することも同時に決定しました。
【第26回日本トライアスロン選手権 開催に関する方針】
https://www.jtu.or.jp/news/2020/06/24/27502/
【日本U23/19/15選手権・高校生選手権(開催方針)】
https://www.jtu.or.jp/news/2020/05/19/22415/
JTUでは2020年度前半に延期となった大会の秋からの開催の大きな柱として、来年の東京2020オリンピック・パラリンピックのトライアスロン競技会場であるお台場で、11月8日に日本選手権を開催することで“スポーツの復活”の価値に繋げることを目標としています。大会開催に向けてはCOVID-19感染拡大防止のためにJTUの「国内向け運営ガイドライン」に準じ、主催自治体、協力団体と連携しながら、地域の理解を得て、ひとつひとつ丁寧に進めて行くことも確認されました。
【新型コロナウィルス感染症対策としてのスポーツ活動再開ガイドライン】
https://www.jtu.or.jp/hjueuewohu83kjd/なお、9月20日(日)「2020村上笹川流れトライアスロン大会/NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2020/村上)」は予定通り開催の方向(6月末最終判断)。開催見合わせとしていた「大阪城トライアスロン2020/NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2020/大阪城)」は、2020年10月11日(日)に日程を延期して大阪城濠をスイム会場に大阪城公園にて開催することが6月22日に大阪城大会組織委員会から発表されました。10月24日(土)、25日(日)「ITUトライアスロンワールドカップ(2020/宮崎)」は予定通り開催の方向で調整されています。