【胸肉365】エンダイブとバジルのトマトサラダ モッツァレラ添え

ボディメイクに欠かせない鶏の胸肉を、おいしく簡単に味わえるレシピを毎日更新!
ふるさと生活・健美食研究家、やまなか順子‵の「胸肉365」。本日はエンダイブとバジルのトマトサラダ モッツァレラ添えをご紹介。

面白い野菜見つけた

エンダイブとは、レタスのようで味は水菜のようですが、「Endive」という洋野菜です。グリンリーフレタスにも似ていますが、実はレタスの仲間ではありません。地中海沿岸が原産とされるキク科の植物で、ほろ苦い味から「ニガチシャ(苦萵苣)」などと呼ばれたりもします。食感が面白い野菜です。

材料/エンダイブ、バジル、トマト、モッツァレラ
調味料/オリーブオイル少々、塩、胡椒、ハチミツ、レモン果汁

①エンダイブをちぎって並べる

②ジューシー胸肉をスライスする

③縦にならべる

④湯剥きしたプチトマトも縦に交互に並べ、モッツァレラとバジルを添えたら完成

【完成】

予めトマトをマリネしておくとドレッシングとして味しいですよ

料理・撮影・スタイリング・文/やまなか順子‵

ふるさと生活・健美食研究家、133代奄美観光大使。奄美群島の100歳長寿の生き方や知恵、食文化、民俗学、シャーマニズムなどを17年間取材・撮影。その活動のなかで古来からの自然調味料、月の満ち欠けのリズムに合わせた食生活や旬食材の調理法を学ぶ。伝統文化を体感する島旅「あまなび」や「長寿の島のさしすせそ展」「島ちょく!」など、地域ブランディングプロデューサーとしても全国で講演活動、イベントを展開中。