みんなで試合に出てボディビルを楽しめるようにしていきたい~古内開君(3年)&金正雄君(3年)&仲野竜弐君(2年)【GKB応援団:神奈川大学ボディビル部編】

学生ボディビル、通称・学ボを盛り上げるべくスタートした連載「学ボ応援団(GKB応援団)」。今回は、前回に続き神奈川大学ボディビル部から古内開君(3年)、金正雄君(3年)、主務の仲野竜弐君(2年)が登場。大会に懸ける想いを、ちびめがさんが伺いました。

夏はビーチでボディビルについて熱く語りあった?

――先ほど古内君のロッカーを見たら、トレーニングメニューなどを書き出したものが貼ってありました。
古内 はい。部に入った当初に比べて、常に考えながらトレーニングするようになりましたね。やるからにはしっかりやりたいので、ロッカーにも張っています。このやり方があっているのか間違っているのかはわからないですけど、熱意は持ってやっています。もちろん適宜修正して、自分に合う方法を探してきたつもりです。本とかネットの情報もそうですけど、それこそ鈴木雅さんのパーソナルトレーニングを受けて勉強させていただいたりもしました。

――やっていくなかで、いろいろと試行錯誤しているわけですね。
古内 うまくいくこともありますけど、やっぱりなかなか思う通りはいかないこともあって、そんなに甘いものではなかったと実感しています。ただ、思うようにいかなかったけど、思っていたよりも背中が発達したとか、お尻が発達したとかっていうこともありました。

――学生選手権では部分賞をあるので、そうやって部分が発達するのもいいことだと思いますよ!
古内 もちろん、何かしらで部分賞は狙ってみたいですね。
仲野 背中、強いですから。
古内 まぁ背中しかないですけどね。

――でもボディビルは並んでみないとわからないから面白いと思います。
金 何かしら一個、目立つ要素があればいいって監督からも常に言われていますしね。

――ちなみに神奈川大学ボディビル部って何か伝統みたいなものはあるんですか?
古内 入部した時に、1年生はしゃぶしゃぶ屋の「しゃぶ葉」にみんなで行くことかな? 1テーブル4人で100枚以上食べろって先輩が(笑)。で、ご飯とかソフトクリームも持ってきていただいて、それを食べ切るっていう。
仲野 僕の代もやりましたけど、今年で終わりました(笑)。
古内 あれ、今年なかったっけ?
仲野 やっぱり、撤廃しようって話になったんじゃなかったでしたっけ。

――新しい伝統を作らなきゃいけないですね。
古内 確かに、そう言われると伝統と言うものがないんですよね。
仲野 合宿じゃないですか? 以前はあったみたいで、昔の写真昔がいっぱい部室にあるんですよ。夏休みを使ってどっかに行ったりとかしていたみたいで。まぁ半分以上が遊びみたいなんでしょうけど、地方のジムとか行けたら面白いなって思います。
古内 でも今年は海に行きましたよ!やっぱりビーチで話しかけられたりするんですよね、嬉しいです。
金 でも、話しかけてきたの男なんだよな。
古内 女の子だったら嬉しかったんですけどね……
仲野 金髪の2人組でしたね、学生ボディビルについて語ったのはいい思い出です(笑)。

――改めてなんですけど、今後の目標などを聞かせてください。
金 先ほど言ったように、ポーズダウンの場に立つこと。今トレーニングをしているのも、ボディビルをやるのも、それだけですね。他の選手も同じこと思っているかもしれないですけど、あの場に立てたら大学生活は勝ちだなって。
古内 確かに、そうだよね。
金 あそこに立ったらもう卒業できる、って思う。学生でもトップの選手にとっては当たり前のことかもしれないですけど、僕らみたいなガリガリがあそこに食い込めたら一生の支えになると思います。

――仲野君はそんな先輩たちに勝ってやろうと思っているわけですよね。
仲野 まぁ……勝つしかないですよ。もちろん自分もポーズダウンの場には立ってみたいです。チェーンマスキュラーも楽しそうですし、あの曲の中でポージングができれば最高の思い出になるなって。

――3人の話を聞いていると、今後がとても楽しみです。
古内 今年も全日本に出場したいなと思います。去年も出場はできたんですけど、思っていたように絞れなくて、筋肉もすごく落ちて酷かったので。今年はその反省を生かしたいです。あとは金君とも同じですけど、ポーズダウンに食い込めるように。もちろん主将として、団体賞も狙っています。1年生も入って底上げをしてくれているので、いいところに入っていきたいです。
金 僕もとにかく、まずは全日本。団体はもちろん狙いたいですが、正直なところ今年はちょっと厳しいと思っています。でも来年は人数も増えますし、自分たちも今みたいな体で出場するつもりはないので、上を狙っていきます。
仲野 エントリーを見ると、2年生がけっこう多いんですよね。この学年はデカい人がいっぱいいるっていうのはよく聞くので、ちょっと不安です……。
古内 さっきまで勝つ気満々だったのに(笑)。
金 並ぶまでわかんないからね。
古内 当日のコンディションによっても変わるし。
仲野 ありがとうございます。あとは、来年、再来年と後輩も増えるでしょうから、ボディビルはもちろんのこと、フィジークやパワーリフティングについても教えてあげて、試合に出よう」っていう流れに持っていって、みんなで楽しめるように盛り上げていきたいです!

★すでに大会結果をお知らせしている通り、10/6「関東学生ボディビル選手権大会」では、残念ながら金君は予選落ち、古内君は22位、仲野君は14位という結果でした。仲野君が先輩に勝利するという結果になりましたが、来年も巻き返しを狙う先輩たちと再び切磋琢磨して、再びレベルアップした体を見せてくれるはず!

取材/ちびめが 写真/木村雄大

ポーズダウンの場に立てれば一生の支えになる~古内開君(3年)&金正雄君(3年)&仲野竜弐君(2年)【GKB応援団:神奈川大学ボディビル部編】