1. Home
  2. スポーツ
  3. ストレッチで筋肉はつきますか?

ストレッチで筋肉はつきますか?

誰もがおそらくやったことであるであろう、ストレッチ。体を伸ばすこと……と、みんな理解はしているだろうが、実はもっと奥が深いもの。この連載企画では、そんなストレッチのエキスパートである長畑芳仁先生に、ストレッチの奥深さを話してもらう。今回は、ストレッチで筋肉がつくのか?について。

A.ストレッチで筋肉がつくことはありません。

直接的には、ストレッチを行うことで筋が肥大するということは起こりません。ストレッチをしただけで筋肉がつく、といったことはありません

ただ、ストレッチで筋肉の状態をよくすることでより筋肥大が起こりやすい環境を作る、トレーニングにおいて最大可動域を目指すときに十分なストレッチポジションから収縮させることによってトレーニングの効果をより引き引き出す、といったことにはつながると思います。

ある論文では、ストレッチをすることで筋委縮を防げるといった報告もありました。また、筋肉が最大伸張、最大収縮できる状態にしておくという意味では、間接的には筋肥大にも有効と言えるかもしれません。

ストレッチをやることでプロポーションの改善も期待できますが、これもただストレッチを行うだけではダメです。ストレッチで筋肉の状態をよくして、体を意識的にコントロールできるようにするのです。肩甲骨を下げてお腹を締めれば、美しい姿勢で立つことができます。

※本記事は、2017年に公開した記事を再構成したものとなります

長畑芳仁(ながはた・よしひと)
1960年、大阪府出身。 特定非営利活動法人日本ストレッチング協会理事長。日本体育協会認定アスレティックトレーナー。 帝京大学講師。早稲田大学教育学部卒業、順天堂大学大学院体力学専攻修了。 2001年「すとれっち塾戸田公園店」開設。専門分野はアスレティックトレーニング、スポーツ科学、アスレティックリハビリテーション。リコーラグビー部など、多数の社会人・大学チームのストレングスコーチ、および日本代表ボートチームのフィジカルサポートなどを務める。「ストレッチまるわかり大事典」(ベースボール・マガジン社)「アクティブBODYストレッチ」(日東書院)など著書多数。
日本ストレッチング協会HP