1. Home
  2. チャレンジ
  3. ドキドキ!プロテインバーデビュー#19【贅沢チョコクランチ登場?】

ドキドキ!プロテインバーデビュー#19【贅沢チョコクランチ登場?】

コンビニでも手軽に買える「プロテインバー」。でもそこには、初心者ならではの悩みがあって……?
VITUP! 編集部が送る、笑いあり・涙ありの長編ストーリー!

左から「マユ」「あずみん」「コウタ」「ゆうだい」

マユ:ちょっと天然なイマドキ女子。寝坊癖があり、朝ごはんが食べられないのが悩み。好きな言葉は「さみだれ」。
あずみん:冷静で頼れる女の子。しかし、趣味の競馬になると我を忘れてしまう。金欠でご飯代が無いのが悩み。
コウタ:関西出身のイケメン男子。編集部きっての実力派で、女子の憧れの的。ゆうだいと仲が良い。
ゆうだい:コウタの同期。モテたくて筋トレするが誰にも気付かれない。プロテインに詳しいメンバー最年長。


【前回までのあらすじ】

「全部食べたらいいんだ! その代わり世の中に情報を伝えろっ!」

ある日、マユとあずみんは、タンパクパンダから20本のプロテインバーを託される。

プロテインバーを実食する中、生活改善とトレーニングにも取り組む2人。成果が表れ、段々綺麗になってきた!

※第18話はこちら


 

ここはVITUP!編集部。

女の子2人が綺麗になる中、負けじと汗を流す人物がいた……。

ゆうだい「ふぅ。むん。俺は世界一のイケメン……。誰にも負けないぜぇ?」

朝から中々のレップ数をこなすゆうだい。熱い志の元、今日もトレーニングに励む。

 

コウタ「前(第9話)思いは聞いとったけど、相変わらずようやるな。筋肉ぶち壊さんように注意しいや。ほれ、プロテインバーでも食っとき」

ゆうだい「おうさんきゅ。って……、これは一体!?」

 

★高級感のあるボディで現れた。今日のバーはこれだ!

エントリーNo17:森永 INバープロテイン Super クランチチョコ
*スペック抜粋(1本当り)
エネルギー271kcal、たんぱく質20.9g、脂質14.7g、炭水化物14.4g、糖質13.1g
※詳細はメーカーHP参照

 

ゆうだい「筋トレ終わりにプロテインバーは染みるぜ。しかもこれ、かなりタンパク質入ってるな」

マユ「染み渡りますね。早速食べてみましょう!」

 

せーのっ、いただきまーす!

 

もぐもぐ……

 

ゆうだい「甘くてうまい! しかもタンパク質20gか。すごいなぁ」

 

コウタ「カロリーも高いし、重量級バーの登場やな。13話でも紹介させてもろたけど、これにもEルチンが含まれとるな」

 

マユ「なんかクランチ系では、今までで一番サクサクしてる気がします。美味しいです」

 

あずみん「森永のクランチ系は、企画内で初めてじゃないですか? 他だとウエハースとかグラノーラが多かったですもんね」

 

コウタ「せやな。森永のクランチチョコは初登場や。これ思うたけど、かなり食べ応えあるわ。食感が結構硬めで、ぎょうさん噛むやんか。せやから腹にたまって満足感があるねん。トレーニング後に食べてもいいし、食事の間隔が空いたとき間食として摂るのもええかもしれんな」

 

ゆうだい「そうだね! ただ、タンパク質20gは結構多いから、他の食事との兼ね合いも大事かもね。タンパク質を体が吸収できるのは、一回につき40g程度なんだ。摂りすぎると体脂肪や中性脂肪が増加したり、体内でガスが発生して胃腸への負担が増えたりするんだって。栄養士の先生が言ってたよ」

※プロテイン摂取の注意点の記事はこちら

 

マユ「なんか博識っ! 色々難しいけど、要するにチョコは美味しいってことですね!」

 

コウタ「多分違うと思うで(笑)。ほな、採点行ってみよか!」

 


エントリーNo17:森永 INバープロテイン Super クランチチョコ

POINT!】

・タンパク質含有量は20g

・高カロリーで食べ応えあり。

比較的硬めの食感

・ポリフェノールの一部である「Eルチン」を配合


 

すっかりトレーニーだらけとなった、VITUP! 編集部の面々。

コウタもメンバーの成長に、驚きを隠せない様子だ。

 

コウタ「なんやもう、皆めっちゃ頑張るやん。 俺もなんか燃えてきたでぇ! この燃える気持ちを誰かに話したいわ!ミキにでも電話しよかなぁ」

 

マユ、あずみん「(ミ、ミキさんっ……!?)」

 

幼馴染のミキの名前が、コウタの口から頻繁に出てくる。電話の光景をイメージすると、居ても立っても居られない。

マユとあずみんの脳内イメージ

 

覚悟を決めると、マユが静かに口を開いた。

 

マユ「あ、あの、コウタさん……。コウタさんってミキさんと付き合ってますか?」

 

あずみん「(うわ!マユ直球すぎ! コウタさん怒ったりしないかな……)」

マユの唐突な行動に思わず驚く。しかし、コウタの返答は意外なものだった。

 

コウタ「ん? 付き合う? ないわないわ(笑)。めっちゃ尊敬はしとるけどな。そもそもあいつ、イケメンモデルの彼氏がおんねん。世界は不公平や。プロテインバーやけ食いしたろかってな(笑)」

 

マユ、あずみん「(えぇ~! ってことは、私たちの早とちり!? でもこれで、私たちにもチャンスが……!)」

 

希望の光が見えてきたマユとあずみん。今までの努力で、自信は十分だ。

もう迷いはいらない。自分を信じて突き進め!

 

◆ちなみに次のバーはこれだ!

 

次回:乙女の誘惑。甘いグラノーラの香り。

お楽しみに!

 

※この物語は一部フィクションを含みます。

★皆さんも1位を予想してみよう!★
Twitterで「バーの名前」を記入し、「#ドキドキプロテイン」を付けてツイートするだけ!
正解者の中から抽選で1名様に「VITUP!Tシャツ」をプレゼント!
詳細はこちらをチェック。