1. Home
  2. movie
  3. 大臀筋を鍛えて、脱・垂れ尻!【メリハリ☆モテボディ入門 #07】

大臀筋を鍛えて、脱・垂れ尻!【メリハリ☆モテボディ入門 #07】

皆様こんにちは! ピラティストレーナーのAzusaです。

今月のテーマは「脱・垂れ尻!~お尻と太ももの境い目を作ろう~」

今週はテーマ通り、垂れ尻に効くエクササイズをご紹介します。

前回・前々回よりきつく感じるかもしれませんが、徐々に回数を増やすなど工夫して、自分に無理なく継続的に行なってみましょう!

 

 

【エクササイズのポイント】

  • 膝がつま先よりも前に出ないようにしましょう。

 

  • 母指球(親指の付け根)をしっかりと押しましょう。

 

  • お尻は膝の高さまで下げましょう。

 

  • 慣れてきたら回数を多くするだけでなくペースを早くして行なってみましょう。

 

【エクササイズのペース】

15回×2セットを目標に可能であれば回数を増やしていきましょう。

 

【今週のAzusaのワンポイント筋肉】

★大臀筋

お尻全体についている一番大きな筋肉です。

椅子から立ち上がる時、階段を登る時、日常生活の中でたくさんこの筋肉を使う場面が出てきます。

この筋肉が衰えてくると股関節も固くなり、お尻が垂れてくるのはもちろんの事、血流が悪くなり脚の浮腫みも出てきます。

普段の生活からエレベーターより階段を使うなど、股関節をたくさん動かして大臀筋を鍛えてあげましょう。

 

日々の生活で、少しづつ自分の身体に興味をもってきましたでしょうか?

まずは自分のありのままの姿を受け入れ、どんな自分も受け入れて好きになってあげる。

最初は難しいかもしれませんが、少しずつ無理なく意識してみてください。

 

指導=成田亜寿沙

協力=株式会社E.M.I.


成田 亜寿沙(なりた・あずさ)
大阪府立登美丘高等学校出身。高校卒業後、ダンスの専門学校に通い、ユニバーサルスタジオジャパンのオープニングダンサーとして1年間勤務。その後上京し、コロッケコンサート全国ツアーや、有名歌手のバックダンサーとして全国各地に巡業。セカンドキャリアとしてピラティスの資格を取得し、ピラティスの魅力に引き込まれていく。正しく息をすれば、身体が変わり、思考が変わり、心が変わり、幸せになる。「息するカラダ」というビジョンのもと、ピラティス・ヨガのメソッドで身体機能を整える。
【所有資格】
Basiピラティス Comprehensive
Basi認定 産前産後マタニティピラティス
E.M.I認定  Core Power Yoga CPY®
E.M.I認定 Athlete Pilates
Body Code System in Italy認定 Master Stretch
日本ピラティスアカデミー認定 Stretch-eze
栄養コンシェルジュ 2つ星コース認定