目指せシックスパック! 男性(34歳)&女性(22歳)編集者が挑戦 Vol.6

ついつい運動不足になりがちな編集部員のI(34歳男性)とM(22歳女性)が3カ月間の肉体改造に挑戦するこの企画。会社で自重トレーニングを行うことで腹筋を割ることができるのか!? をリアルにお届けします。今週はどんな展開となるか!?

<編集Iの場合>

6月30日(金)~7月6日(木)
取材でカザフスタンのアスタナへ出張しました。「現地空港の所持品検査で変なクスリだと怪しまれたらどうしよう」という懸念を抱きつつ、プロテインをジップロックに詰め込んで準備は万端。

成田からモスクワまで約10時間、モスクワのトランジットで約8時間、モスクワからアスタナまで約3時間という長旅です。心配していた所持品検査も何事もなく通過し、到着して早々、宿泊先のホテルから『バイテレク』という名のシンボルタワーを目指して歩くことになりました。現地は30度を超える炎天下。湿度が低いため日陰では心地よく過ごすことができますが、直射日光を浴びると東京の比ではないくらい体力を削られます。40分ほどかかりましたが、何とか到着。おそらく開催中のエキスポ目当てだと思われる観光客の好奇の視線を浴びながら、タワーの真下で少しだけクランチをしました。その日の昼食で食べた牛肉のケバブは脂肪が少なく、図らずもタンパク質ゲット。結局、現地ではクランチとレッグレイズくらいしかできませんでしたが、日本から持ち込んだプロテインは飲んでいました。

ホテルの近所の公園で自重トレーニングができる遊具を発見しました。種類も豊富ですし、ぜひ日本でも導入されてほしいものです。夏休み期間中の現地キッズの好奇の視線を浴びながら、少しだけ自重トレーニングをしました。

帰国後、7月6日は普段通り筋トレをしました。サラダチキン、ゆで卵、チーズ、最近セブンイレブンで販売されているチキンが入ったサラダ(サラダチキンと紛らわしいですが)を食べ、ストイックめしも再開です。

クランチ 15回×3セット     
レッグレイズ 15回×3セット     
プランク  (10秒×2回)×3セット  
サイドプランク 各15秒×3セット    
バランスボール・アブローラー 15回×3セット     
サイドベンド   15回×3セット
(編集Iのトレーニングメニューの動画紹介記事はこちら

<編集Mの場合>

7月4日(火)
トレーニングを開始してから1カ月ということで、トレーナーの清水さんが来てくださいました。そして、いきなり厳しい言葉が……。

清水さん「いくら筋肉をつけても、その上に厚い脂肪がのっていたら腹筋は見えません。逆に言えば、脂肪をどかしてあげれば筋肉は見えてきます。つまり、腹筋が“割れる”のです。そのためには有酸素系運動を取り入れていく必要があります。会社でのトレーニングになるので、階段上り下りを、毎日3往復やりましょうか」
編集I「ええと……ビル……7階建てなんですけど……」
清水さん「3カ月の企画で、すでに1カ月終了しています。あと三分の二ですよ、大丈夫、できます。やりましょう!」
編集M「う、はい」
清水さん「そうそう、最近お尻のトレーニングが流行していますよね。そもそもお尻の筋肉って平面を歩くためではなくて、斜面を上るためにあるんです」
マッチョ編集長「あ、そういえば僕、お尻と足の間の脂肪を落とそうと思ってトレッドミルをめちゃめちゃ急斜面にして歩きまくったことあります」
清水さん「いいトレーニングですね~。山登りなんかもいいと思いますよ。とはいえここは会社なので、階段上りについて解説しますね。まずカカトと土踏まずの間くらいに重心をかけて、天井から吊られているように背筋を伸ばします。こうするとお尻やもも裏に効くんです。逆につま先に重心をかけると太ももの前面、大腿四頭筋に効きます。すらっとした足を目指すなら前者のほうがおすすめです」

ここぞとばかりに疑問もぶつけてみました。
Q.メニューの順番を入れ替えてもいいのですか?
清水さん「一応、強度の軽いものから順に並べていますが、入れ替えても特に問題はありません。逆に時間がないときは強度の高いバランスボールだけ、という選択肢もアリです」

Q.出張のときやどうしても時間がないときはどうすればいいですか?
清水さんシットアップ、レッグレイズ、サイドクランチは必須ですかね。折り曲げる動きとひねる動きを取り入れるといいと思います」

Q.なんだか物足りなくなってきたんですが……。
清水さん「負荷をそのままに回数を増やしていくという手もありますが、回数をそのままに負荷を増やしていったほうが時間が短く終わります。だからといって、べつにダンベルを用意する必要はなくて。2Lのペットボトルが1つあれば十分です。半分まで水を入れてみて、重かったら減らす、軽かったら増やす。このくらいの感覚で徐々に負荷を増やしていきましょう」

そして新メニューも追加されました。「ロシアンツイスト」が登場です。サイドクランチよりも動きがあって面白いですが、その分キツい。ひとまず最後に回すとして……と思ったら1種目めのクランチで腹筋が痛い、熱い。最初の種目は集中力が高いんでしょうか。謎です。その後も追い込まれてる感と格闘しながらメニューをこなしました。というわけで、連続トレーニング記録を更新です。奇跡的。

クランチ 15×3
レッグレイズ 10×3
プランク 10秒キープ×6
サイドプランク 各10秒キープ×3
バランスボール 10×3
ロシアンツイスト 10×3

ちなみに「ロシアンツイスト」とは、こんなエクササイズです。

(これまでの編集Mのトレーニングメニューの動画紹介記事はこちら

翌日の昼食では筋肉のためにタンパク質を多めに摂りました!