鹿児島ユナイテッドFC・増成暁彦氏が語る少年期の体づくり

昨今、体づくりへの関心が高まる一方で、子供の体力・運動能力の低下が嘆かれている。アスリートを目指す、目指さないに関わらず、子供たちはどんな運動をすれば健康的でケガのない体をつくることができるのか。

今回、VITUP!ではJリーグ・鹿児島ユナイテッドFCのアカデミーでフィジカル・メディカルのトレーナーを務める増成暁彦氏に話を聞いた。

子どもたちの運動能力の基本的な考え方から、どんな子どもでも簡単に家でできるトレーニングまで、計5回の短期連載。

★第1回「可動性・安定性・協調性を高めることが運動能力向上には必須」

可動性・安定性・協調性を高めることが運動能力向上には必須【鹿児島ユナイテッドFC・増成暁彦氏が語る少年期の体づくり①】

★第2回「少年期にプログラムをたくさんつくっておく」

少年期にプログラムをたくさんつくっておく【鹿児島ユナイテッドFC・増成暁彦氏が語る少年期の体づくり②】

★第3回「可動性を高めるトレーニング」

可動性を高めるトレーニング【鹿児島ユナイテッドFC・増成暁彦氏が語る少年期の体づくり③】

★第4回「安定性・協調性を高めるトレーニング」

安定性・協調性を高めるトレーニング【鹿児島ユナイテッドFC・増成暁彦氏が語る少年期の体づくり④】

★第5回「バランス力を鍛えるのも大切」

バランス力を鍛えるのも大切【鹿児島ユナイテッドFC・増成暁彦氏が語る少年期の体づくり⑤】